三宮の中国茶のお店、神戸岩茶荘で眼診を受けてみた感想

神戸三宮の駅近で眼診をやってくれるお店がある、と聞いて早速行ってきました。

r40_150

神戸岩茶荘

早速っていうけど最初にお店の話を聞いてから半年ぐらいかかってます。
微妙に遠いんだよ三宮!

木曜日に電話して「今週の土日で空いてるところ」って言ったら、日曜日のラストだけ空いてました。

で、眼診とはなんぞや?

中医学でのその人の体質をみる方法のひとつです。
神戸岩茶荘はその名のとおり、中国茶の専門店。
その人にぴったりのお茶をこの眼診で選んでもらえるのです。

…のですが。

今回、ラストの診察とのことで、普通だったら

眼診→体質に合ったお茶を選んで飲む

なのですが、先にお茶を飲んで眼診の順番を待つ、ということになりました。

ということで今月のおすすめのお茶を頂きました。

r40_149

お茶のセット。盆の上がびしょびしょですが、別にわたしが粗相をやらかしたわけじゃないですよ!
お茶を入れる前に茶器の上からお湯をかけて消毒をするのでこんな感じにびしょびしょになるのです。
こういうお作法なんですよ!!

r40_147

この茶器、実際はこんなおままごとサイズです。
最初はどこを持っていいのか戸惑いました。

r40_148

ちなみに急須から直接注がず、いったんこのガラスのポットにお茶を落とします。横着してるわけじゃないですよ。
こんな風にするお作法なんですよ!!

気になる眼診の結果は…

店主さんが診てくれるのですが、開口一番、

「かなり健康ですねー!」

ひゃっほー!
知ってるけど、改めて言われると嬉しいねえ。
健康は財産!

体質としては、横隔膜より上には熱が籠りやすくて、横隔膜より下は冷えやすいらしく、でもって本来、頭のてっぺんの百会(ひゃくえ)は通風孔の役割をしていて熱を逃がしてくれるのですが、お腹の中が冷えていると百会が勘違いして上手く働かず、行き場をなくした熱が肩凝りや頭痛といった症状になってでてくるとか。

なっ、なるほど…。

最近、頭痛がよく起きていたのはこのせいか!
どおりで肩を温めても眼を温めても効果がなかったわけだ。

ひどい頭痛が続いたのでMRI検査を受けてきました

2016.03.25

一人暮らしをはじめてからほぼ毎日シャワーオンリーなのが地味にダメージになってるのかも…。(実家にいるときはほぼ毎日湯船に浸かってた)
毎日シャワーでも全然平気、って思ってたけど平気じゃなかったかもしれない。

店主さんに腹巻を強力プッシュされたので…楽天行ってくるっ(ダッ!

えっ…!20代かと思ってた!!!

でもって年齢を訊かれたので、診察だし、と思って正直に答えたら、

えええええっ!?!?!?

と驚かれましてwww

オーバーリアクション、ありがとうございます。w

まあ20代ってのはかなり盛られてると思いますが、30代前半~半ばぐらいに思われてたんじゃないかな。
わたしの場合は35歳を過ぎると妊娠力がガクッと落ちるらしく、その注意をしたかったんだと思うんだけど、とっくに過ぎてましたね、っていう。

「あー、まあそれはそれで別にいいです」

って言ったら

「あー、●の人はみんなそう言うんですよねー」

とのこと。

(●にはわたしの体質タイプが入りますが、あえてなんとなく伏せときます)

わたしに相性ピッタリのお相手は…

未婚ということで、相性が良い相手のアドバイスもいただいたのですが、ズバリ

遠洋漁業タイプ(笑)

要は3~4か月に1回ぐらい家に帰ってくるぐらいでちょうど良いらしい。マグロ船の乗組員とか、外交官とか、単身赴任とか。

わーもうこれすっごいわかる!!!

だって理想の結婚って通い婚だと思ってるし。

長くなったので分けます。

神戸岩茶荘で受けた眼診の続きと南京町散策

2016.06.13