白山ひめ神社(しらやまさん)へ行ってきた感想①

一年ぐらい前からずっと行ってみたいなと思っていた白山ひめ神社へ行ってきました。

恋のしらやまさん切符とは

白山さんへのアクセス方法を調べているときに白山市の観光連盟がだしている「恋のしらやまさん切符」というイベント切符があることを知ったのでそちらを使ってみることにしました。

koishira00

この切符(1800円)に含まれているのは、

・北陸鉄道 野町駅~鶴来駅 一日乗車券
・北鉄バス 鶴来駅~一の宮 1回分の乗車券
・和菓子券 1枚
・辻占い券 1枚
・鶴来町の散策マップ
・白山ひめ神社への奉納祈願用紙(恋文)

です。時期によっては神社でおみくじが引ける券が入っていることもあるらしいのですが、今回はありませんでした。残念!

koishira01

金沢駅から白山ひめ神社へのアクセス

ちなみに純粋に交通費だけで考えると普通の切符を買ったほうが安いです。

金沢→鶴来駅

JR+北鉄 電車乗り継ぎパターン

金沢→西金沢駅(JR) 190円
新西金沢駅→鶴来駅(北鉄) 450円

※西金沢駅と新西金沢駅は目の前です。

バス+北鉄乗り継ぎパターン

金沢駅→野町(バス) 200円
野町駅→鶴来駅(北鉄) 470円

金沢駅からのバスは野町駅の目の前まで行くバスと、少しはなれた幹線道路までのものがあるようです。

鶴来駅→白山ひめ神社

鶴来駅→一の宮(バス) 160円

…なのですが。
この鶴来駅→一の宮のバスの本数が少なすぎる!
わたしが鶴来駅に着いた時間帯(8時半ごろ)にはバスは1本もありませんでした。

で、どうしたかというと…

歩きました。

徒歩20~30分です。

ちなみに帰りも時間が合わなかったので歩きました。
そんなわけで「恋しら切符」についているバス乗車券は使える確率が異様に低いです。
以上のことを総合すると、金沢駅→白山ひめ神社への交通費は往復1300円、恋のしらやまさん切符は1800円、単にお参りするだけならふつうに切符買っていくほうがおトクかも。

白山ひめ神社は意外とこじんまりしてました

そんなこんなで途中、金運アップのスポットらしい金剱宮に立ち寄って、そのまま金剱宮の目の前のメインストリートじゃない道路をてくてくあるいて白山ひめ神社を目指しました。

どうせ早朝だしお店も開いてないので門前町散策は帰りのお楽しみに取っておこうと思ってのことだったのですが、そんなわけで実は裏門の方についてしまったので、表参道からお参りしたい人はちゃんとメインストリートに戻りましょう。

koishira02 koishira03

白山信仰の要で各地の白山神社の総本社、と聞いていたので出雲大社とまではいかなくとも伏見稲荷や大神神社ぐらいの大きな社を想像していたのですが以外にもこじんまりとしたお社でした。

koishira04

朝早かったから清清しい気がいっぱいでした。

koishira05

もちろんご神水をいただきました。手持ちの500mlのペットボトルに汲んでごくごく飲む。

ちらほらと参拝客、観光客の姿はあるのですが私のほかに「恋しら切符」を使ってるひとはどうやらいなさそう。
奉納祈願をするために授与所に要る舞女(巫女)さんに用紙を見せたら、奥に引っ込んで先輩を呼んできたぐらいには知名度は低そうです。

koishira06

たぶんねー、これネーミング失敗してるよ。
「恋」とか前面に出されると照れるじゃん?
漂うがっついてる感とか切羽詰ってる感が対面を気にする淑女には受けないと思うんですよねー。
表に出すのは「開運」で、効能にさりげなく「縁結び」のほうがウケると思います!

koishira07

わたしはしっかりやってきましたけどね。
お願い事は書いてないですけどね。実は。

白山ひめ神社(しらやまさん)へ行ってきた感想②

2015.05.09

バナーから登録で30ptプレゼント
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス