刀剣乱舞ミュージカル(刀ミュ)&舞台(刀ステ)、見る順番のおすすめ

→手っ取り早く本題に入るにはこちらをクリック

刀剣乱舞(とうらぶ)にはまりました!

2020年のお盆休み(9連休)、コロナで暇すぎてついにオンラインゲームとやらに手を出してしまいました。

「刀剣乱舞」通称とうらぶです。

きっかけはこれまたツイッターでたまたま流れてきたこれ。

ログインするだけで刀剣男士62振プレゼント、っていう「刀剣乱舞って擬人化した刀を集めてなんかするゲームでしょ」っていう認識しかなかった我ですら驚く大盤振る舞い。

正直あんまりゲームとか興味ない勢で、今までポケモンもどうぶつの森すらやったこと無いしやる気もない。

リングフィットアドベンチャーとフィットボクシングはこの時期Switchが手に入ったら手を出してたかもだけど、まあ結局スイッチ手に入らなかったし、もし手に入れてたとしても1か月で飽きてた自信ある。そう、

ゲームをやらないのはゲームを続けられる自信がないから!

ゲーム機本体にン万円かけてさらにソフトにン千円かけた元が取れる気がしないんで、わたしのゲーム歴はプレステ止まりなんですが、

まあとうらぶってとりあえず無料で遊べるらしいし、お盆休み中の暇つぶしができたらいいかな、ぐらいのほんと軽い気持ちだったんですが、

その後、およそひと月で、

アニメ(花丸・活劇)、舞台、ミュージカルを配信で見れるとこまでほぼほぼ見つくしたあたり、やっぱりわたしもオタクだったんだなって思いました。わたしごときでオタクって名乗るのもおこがましい気はするんですが、いやどう考えてもオタクだよな。

ほんとゲーム自体には微課金しかしてない(手入れ部屋1つ増やしたのとお守り2つは買った)のに、こんなに楽しませてもらって申し訳ない気すらする。

もともと新選組が好きなので、

2017年5月函館 with Nikon D40

(壬生と函館は履修済み。日野にはまだ行ったこと無いのでそのうち行きたい。)

ハマる要素はあったと思うんですがアニメとか2.5次元とかでキャラクターを知っていくとダメ。どんどん使いたい刀が増えていく。

最初、正直62振あってもありすぎてわけわからなくて、結局新選組の刀ばっか使ってたんですが、現在の最推しはへし切り長谷部です。

へし:『まだ行けますよ。死んだら死んだで、捨てられることもないですからね』

あああああもうこの子はっっ!!何言ってるの!!ばかっっ!!!(´;ω;`)

公式グッズを買うところまでは行ってないですが、まったく関係ない藤柄のハンカチを買ってしまったりとかはしてますね。ええ。

ところで余談中の余談なんですが、うちの本丸はせべがほんと来ないんですけどなんで???
いちおう審神者になってからイベントとか頑張ってるんですよ無課金だけど。2020年暮れからの連隊戦も頑張って頑張って、

大千鳥十文字槍もお迎えしたし、正月も泛塵は来なかったけど100回ぐらい鍛刀したのに、長谷部の乱舞Lv.は未だ2。大包平すらLv.3なのに…。(とか書いた直後にははせべ2振り来ました!!!書いたら来るの???日光さん来てって書けばよかったの???)

刀ステと刀ミュ、どっちを見るべき?

刀剣乱舞の2.5次元は舞台(ステ)とミュージカル(ミュ)の2つあって初心者は混乱します。(しました)

Q:刀ステと刀ミュどっちをみたらいいですか?

結論:両方をみましょう!!
ステとミュは同キャラでもキャストが違うし、そもそも世界線が異なります。
ここまでの傾向として、

ミュ:初期刀加州清光、三条の刀や新選組の刀が中心となるストーリーが多い。
ステ:近侍山姥切国広、三日月宗近と伊達の刀、織田の刀が絡むストーリーが多い。

です。

Q:見る順番はどれがおすすめですか?

結論:公演順にみましょう!

ステもミュも連作です。どれか1作品だけ単体でみても充分楽しめますが、やはり「前回までの展開」を踏襲して作られているので公演順に見るのが王道だと思います。

とはいえ、別にいきなり最新作を見てもぜんぜん全体の九割五分は問題なく楽しめると思います。残りの5%で前作までのネタバレ入って「ああそうなんだ」みたいなぐらい。

ミュージカル刀剣乱舞
2015年 阿津賀志山異聞(あつかしやまいぶん)※トライアル公演
2016年 阿津賀志山異聞(あつかしやまいぶん)
2016年 幕末天狼傳(ばくまつてんろうでん)
2017年 三百年(みほとせ)の子守唄
2017年 つはものどもがゆめのあと
2018年 結びの響、始まりの音(むすびのひびき、はじまりのね)
2019年 三百年(みほとせ)の子守唄 ※再演
2019年 葵咲本紀(きしょうほんぎ)
2020年 幕末天狼傳2020

番外
2016年 in 嚴島神社(いつくしまじんじゃ)※奉納イベント

※印(トライアル公演、再演、特別イベント)はお好みで。
赤字の2作は三条の物語として、青字の2作は新選組の物語として、緑の2作は徳川の物語として結びつきが強いので特にこの順番で見ることをおすすめします。

ちなみにわたしは一番最初のトライアル公演は見ずに、2016年の阿津賀志山異聞の本公演から見たのですが、最初の10分を乗り越えるのに1週間以上かかりました。何回も見るのやめようと思った。ミュージカルだからやっぱり歌いながらなんやかんやするんですが正直下手だなって思ったし。あと今もなんですがミュの今剣が苦手で(ファンの方すみません)。

でも(現時点最新の)葵咲本紀見た時、「うわっこれミュージカルみたい!!」って思いました。(ミュージカルです)

ミュは1部がミュージカル(芝居)パート、2部がライブパートになってます。いつの間にか「刀剣乱舞つよくつよく~鍛えしはがね~♪」って歌ってる自分がいてこわい。

舞台刀剣乱舞
2016年 虚伝 燃ゆる本能寺〜(きょでん もゆるほんのうじ)
2017年 義伝 暁の独眼竜(ぎでん あかつきのどくがんりゅう)
2017年 外伝 此の夜らの小田原(がいでん このよらのおだわら)
2017年 ジョ伝 三つら星刀語り(じょでん みつらぼしかたながたり
2018年 悲伝 結いの目の不如帰(ひでん ゆいのめのほととぎす)
2019年 慈伝 日日の葉よ散るらむ(じでん ひびのはよちるらん)
2019年 維伝 朧の志士たち(いでん おぼろのししたち)
2020年 改変 いくさ世の徒花の記憶

とりあえず虚伝~悲伝まではワンセット地続きです。
慈伝から先は2020年11月現在未配信なのでわたしもまだ見てません。DMM早く!!
なんか5月に虚伝~慈伝までDMMで無料配信してたらくて猛烈に悔しい。

(その後無事、慈伝は円盤買いましたありがとうございます。虚伝~悲田までワンセット地続きでしたね。慈伝は刀剣男士がのべ22振り出てくるし、わりと花丸的な雰囲気なのでどれか1作というならおすすめ。ただし悲伝の盛大なネタバレがあります。)

わたし的には舞台のほうがすんなり世界に入れました。鈴木拡樹は間違いない。
ステ見てからまんばが好きになりました。どっかで誰かが「ステのまんば見て『まんばが綺麗』っていうのを理解した」って書いてたのみたんだけど、激しく同意します。

Q:刀ミュの真剣乱舞祭、単騎出陣、双騎出陣ってなんですか?

真剣乱舞祭

真剣乱舞祭
ミュージカル『刀剣乱舞』 ~真剣乱舞祭2016~
ミュージカル『刀剣乱舞』 ~真剣乱舞祭2017~
ミュージカル『刀剣乱舞』 ~真剣乱舞祭2018~
ミュージカル『刀剣乱舞』 歌合 乱舞狂乱 2019

刀ミュの2部パートの拡大版。物語仕立てで次々歌って踊るライブイベント。

加州清光単騎出陣

加州清光単騎出陣
ミュージカル『刀剣乱舞』 加州清光 単騎出陣2017
ミュージカル『刀剣乱舞』 加州清光 単騎出陣2018

なんていうかステージで繰り広げられるディナーショー的な。加州清光(の中の人)のファンにしかおすすめできないかな。

髭切膝丸単騎出陣

髭切膝丸 双騎出陣
ミュージカル『刀剣乱舞』 髭切膝丸 双騎出陣2019 ~SOGA~
ミュージカル『刀剣乱舞』 髭切膝丸 双騎出陣2020 ~SOGA~

通常の刀ミュに近いが刀ミュ本体とは(というか刀剣乱舞とも)無関係のストーリーを源氏の重宝が演じます。これがかなりの見応えがあるどこに出しても恥ずかしくないお芝居です。素晴らしい。
通常のミュと同じく2部はライブパートになるんですが、ミュ本編でも思ったけど髭切の中の人のジャンプばパない。調べたらバレエをされてたそうなんですが、うんうんわかるー、って感じです。毎回その部分だけ3回ぐらい見ちゃう。

Q:刀ミュはどこでみれますか?(2021年1月現在)

円盤以外では、

ハードルが低いのはdアニメストア
月額400円(初月無料)で阿津賀志山異聞(トライアル)~2019年の公演まで乱舞祭、単騎双騎出陣含め見ることができます。

あとはDMM動画では2020年公演分まで見れますが、こちらは1作品1500円~で視聴期限が1年とかそんなの。
DMMの特設ページ→ミュージカル『刀剣乱舞』アーカイブ配信



Q:刀ステはどこでみれますか?

円盤以外では

DMM動画のみです。(2021年1月現在)

1作品1450円~で視聴期限1ヶ月とかです。つらい。
DMMの特設ページ→舞台『刀剣乱舞』アーカイブ配信



配信だと最新作がなかなか見れないので、円盤がね~もうちょっと安かったらなあ、と思います。完全にコレクターズアイテムな値段じゃないですか。

バックステージの映像とかそういう要素いらないんで本編だけ廉価版で出してほしい。


刀剣散歩

徳川ミュージアムへ燭台切光忠を見に行ってきた

京都に髭切・膝丸を見に行ってきた

『刀剣乱舞』×文楽コラボ。国立文楽劇場に小狐丸を観に行ってきた

刀剣乱舞ミュージカル(刀ミュ)&舞台(刀ステ)、見る順番のおすすめ



歴史の本

これとうらぶ関係ないけどKindle Unlimitedに入ってたので読んだんだけど面白かった。
江戸時代は信長、秀吉、家康の一大プロジェクトだった、みたいなお話なんだけど光秀の裏切りとかすごく納得できてこれがほんとに正史だったのでは、ってなった。