ヘナで髪が硬くなるって本当?ヘナ歴15年、白髪をずっとヘナで染めてたらこんな感じだよ!

わたしは基本的に自宅で自分でヘナ染め&最近は年に1回か2回ぐらい美容師さんに染めてもらってます。

ヘナ染めをお願いしている美容師さんはもともとは普通の美容室勤務→ひどい手荒れなどの理由で続けられなくなって退職→ヘナ染め専門のサロンを開業、という経歴の方なんですが、そんな美容師さんがいる反面、多くの美容師さんは「ヘナ染めをしている」というと、

すっごい苦い顔をします。

「あー…ヘナ。なんかこだわりがあるんですか?超、肌が弱いとか?」ってすごい塩対応されるし、

いや、別に好きでやってるだけです、っていうとすっごい怪訝な顔される。

「なんで美容師さんってヘナっていうと嫌な顔するんですかね?」

って訊いてみると、

“髪の毛が硬くなるからやめた方がいいですよ”

って教えてくれるんですけど、

ちょっと待って!

最初の頃は、そんな風に言われると

えっ、ま、マジです!?!?
ヘナやめたほうがいい!?!?

…って気持ちに一瞬なったりしてたんですけど、

だいたいわたしもう10年以上、15年ぐらいヘナやってるんですよね。
ヘナで髪の毛硬くなるならとっくにバリ硬通り越してハリガネですよ、ハリガネ!

白髪をずっとヘナで染めてたらこんな感じだよ

ブラウンのメッシュっぽくなってるところが全部白髪ですorz

henna120801
henna120802

ヘナの後はノーシャンプー。
ドライヤー前にこちらのエリプスのトリートメントオイルをつけてます。

バリコスメ!

エリプスのトリートメントはなんだか最近急にバズってるみたいですが、

わたしは10年以上前から使ってます。
ベトつかずにサラサラになるんですが、匂いがキツいのがタマにキズ。フローラル系の香りなんですがわりとコドモっぽい匂い。

経験から言うとヘナで髪が硬くなったりしない

わたしはヘナをしたその日と次の日ぐらいはシャンプーを使わず、お湯だけで洗う湯シャン。
その間はヘナの繊維というか粒子が髪の毛に残っている感じがして、若干髪の毛がゴワつきます。

でもその後シャンプーしてトリートメントをすると、

しなやか~、な感じになります。

\( ‘ω’)硬くはないハズだ!/

ヘナ染めの良いところをあげてみる

  • 白髪まじりの頭を染めると勝手にメッシュぽくなるというかウィービングっぽくなる
  • 地肌にがっつり擦り込む感じで使えるので、根本から染められる
  • 刺激臭がない。目がしぱしぱしない。
  • 伸びてきてもプリンにならない
  • 染めてる時にタイル等に飛び散っても速攻で拭けば大丈夫

美容師さん以外には、

え!?ヘナってこんな風に染まるんだ!?

って評判いいんですよね。

2018年時点のおすすめのヘナはこれ!

以前ずっとアートビーイングのヘナを使ってたのですが、2018年からこちらのハナヘナに乗り換えました。「ハナヘナ」というのは商品名で中身は単に「ヘナ」です。

使用感的にはそれほど変わらないのですが、なんといっても楽天で買えるのがありがたい。

ヘナで白髪染めをするコツ

ヘナ染めは、

  • ヘナというハーブを粉状にした見た目抹茶的な粉を、
  • お湯で溶いて練ってペーストを作り、
  • 髪の毛に塗ったくり、
  • 1時間以上放置したうえで、
  • 洗い流します。

ということで結構時間がかかるのですが、髪に塗ったくったあとはネットしたり皿洗ってたりしたらあっという間です。←このあたりも自分で染めるメリット。

個人的に一番難しいのが「お湯で溶いてペースト状にする」部分。これがなかなか上手くいかなかったりします。

hena081504

ダマになってしまうのです。

ダマが多いと髪に塗ったときにダマがボロボロ落ちてくるので大変塗りづらいです。ヘナももったいないし。

15年ぐらい試行錯誤してたのですが、先日、画期的な方法に出会いました。

それは…

お湯で溶いた後、24時間寝かせる

これです。

ほぼダマなし!!

なんか昔に、ヘナはお湯で溶いてからすぐに塗ったほうがいい、みたいなことをどっかで見たんですよね。それからずっと、お湯が冷めないうちに!と思って塗ってたのですが、結論、

冷たい状態のヘナを塗っても問題ありませんでした!!

染まり具合もは問題なし。当然、ダマが無い分塗りやすい。冬場はちょっと寒いかもな、というのが心配ですが、3月ぐらいにやったときは全く問題なかったです。

これはヘナ100%の場合だけで、インディゴが入っている場合はお湯で溶いてすぐに塗らないといけないようです。

もちろん、最初にお湯に溶かす時に出来るだけダマをなくしておくに越したことはないので、

henna030300

ビニール袋に使う分のヘナ粉をいれてシャカシャカしておきます。
ダマを見つけたら手で揉みほぐしてシャカシャカ。

これだけでだいぶ違います。

あとは、これぐらいダマがあっても、

hena081504

24時間ほど置いてからもう一度練るとほぼ、ダマがなくなります。

ヘナ染に使っている道具

・ボウル:100均で購入
・ゴムベラ:100均で購入
・ビニール手袋:100均で購入
・コーム(刷毛)

・手ぬぐい
・タオル

ヘナを塗った後の放置タイム、ほんとはラップで巻いたりしたほうがいいんだと思うのですが、面倒くさいので、ヘナを載せた髪をまとめて→手ぬぐいで包んで→その上からタオルを巻くだけの手抜きスタイルです。

手ぬぐいはヘナ染め専用にずっと使っているやつです。