タングルティーザーがめちゃ気持ちいい!頭皮マッサージにもおすすめのヘアブラシ。

いちこはタングルティーザーを手に入れた!

遅ればせながらタングルティーザーを手に入れました。

何年も前からわたしがよく使う電車にずっと広告が貼られてるんですよね。そのうちアットコスメで第一位のキャッチコピーが付くようになって興味はあったのですが、

櫛なら柘植の櫛があるし、

ダイソーの「桃の木櫛」と5000円の「柘植の櫛」を使い比べてみた感想

2015年8月29日

電車の中でタングルティーザー使ってた女子高生の髪の毛があんまりキレイじゃなかったりで、どうなんだろなコレ、って思ってたんですけどいざ使ってみるとなかなか良かったです。

ブラシは獣毛が一番…の常識を覆す!

柘植の櫛だったり、猪毛のブラシだったり、ヘナだったり、自分言うのもなんですが、髪の毛に関して言えばわたし、結構「天然モノ信仰」です。

でもタングルティーザーを使ってみて、ことブラシに関しては獣毛よりこっちのほうがいいやんけ、と思いました。

以下、使ってみた感想です。

タングルティーザーの良い点

ブラシの根本に髪の毛が絡まない

獣毛ブラシって使った後にブラシに絡んだ抜け毛を完璧に取るのってすごい大変じゃないですか。
適当にやってるとホコリも絡んですぐに汚くなるし。

その点、タングルティーザーはブラシの毛の感覚が広いのと、毛の長さが短いのでブラシに毛が絡んでもすぐに取れるし、そもそも抜け毛が絡んでることが殆ど無いです。

まるごと水洗いできる

抜け毛が絡まないのでそんなにブラシが汚れることはなさそうですが、もし汚れてもまるごと水洗いできます。獣毛ブラシはなかなか洗いづらいし、洗ったところで絡んだ髪の毛やホコリを完璧に落とそうとするとかなりの労力がかかると思います。

頭皮へのあたりが気持ちいい

これが一番意外だったのですが、獣毛ブラシを使ったときよりもタングルティーザーの方が頭皮への当たり具合が絶妙で気持ちいいです。思わず無駄に何度も梳かしてしまうぐらい。

指で毛を押さえても毛がしなるだけで全然痛くない。かといってフニャフニャでもない。絶妙な硬さがいいんだと思います。

髪の毛のまとまりが良い

タングルティーザーだけでキューティクルが復活するとかそんなことはないですが、梳かした後はまとまりが良くなります。静電気が起きにくいのかアホ毛が浮くこともないです。

猫用にはダイソーのパチもんブラシがおすすめw

ちなみに今回、タングルティーザーを購入するきっかけになったのがこちらのツイート。

このブラシの元ネタがタングルティーザーということで買ってみたら大正解でした。