ヘナから浮気!?LPLPヘアカラーを使ってみた感想

ずっと白髪染めにヘナを使ってきたのですが(10年以上!)、ここにきてちょっと浮気です。

白髪をずっとヘナで染めてたらこんな感じだよ

2015.12.08

浮気の理由は、上の記事の写真を見てもらったらわかると思うのですがヘナで染めた部分がパツキン状態(無邪気な子どもに「なんで金髪なん?」っていわれたりする)なので、もうちょっと落ち着いた色合いにしたかったからです。

いくつか「○○しながら自然に染まる」っていう謳い文句の製品を見比べてみた結果、

LPLPの泡のやつにしました。

最初はトリートメントタイプのものにしようかなと思ってたのですが、髪に塗った状態で20~30分置かないといけないということで却下しました。

実家だったら毎日湯船に浸かってたので、半身浴がてらにスペシャルトリートメント!…ってできたんですけど、一人暮らし始めてからはほぼ98%以上シャワーだけなので。

泡タイプだと、乾いた髪に使えるし、置き時間も10分~なので、お風呂入る前にちゃちゃっと塗れて便利かなーと思ったのです。

ヘナとLPLPを併用しても大丈夫!?

染まる、染まらないの前にまず心配だったのが、ヘナで色が入っている上に別のものを重ねても大丈夫なのかということ。
変な色(緑とか)になったら困るなあ、と思っていたのですがその点はぜんぜん平気でした。

ヘナで金髪状態になった髪の毛も上から上手く色が乗ってちょっとトーンダウンしました。

写真で見るとあんまり変わってなく見えますが…。

ヘナとの違い。戸惑ったところ

バスルームに色が付くと落ちない!

髪に塗っている時にどうしても壁とかバスタブとか洗面ボウルとかに染料を落としてしまうんですが、ヘナの時は頭全体を塗り終わってから拭き取れば問題なかったのですが、LPLPは速攻で洗い流さないと色が付いて落ちなくなります。

なかなか染料を飛ばさずに塗るのが難しいのでこれが一番のネックかも。
洗面ボウルなどはあらかじめ水で濡らしておいた方が色が付きにくい気がします。

刺激臭がする

もちろん普通のヘアダイに較べたらほとんどないに等しいぐらいだと思うのですが、ヘナと較べるとやっぱり刺激臭がして、最初の内は10分間の放置タイムの間、目がシパシパしてました。

3回目ぐらいで慣れました。

戸惑ったところはこの2点ぐらいです。

ヘナより優れている点

染まりやすい

バスタブが速攻で染まってしまうぐらいなので、やっぱりヘナより染まりが良いです。

準備が楽

ヘナの場合、お湯を沸かして→ヘナを溶いてとここまでの準備で15~30分ぐらいかかってしまうのですが、LPLPの泡タイプの場合は準備らしい準備がいらないのでとても楽です。

特に髪の毛が痛む感じもしないので、ヘナもまだ家にあるのですが、楽なLPLPばっかり使ってしまっていますね。
このままヘナから離れてしまうのでしょうか!?

バナーから登録で30ptプレゼント
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス