超ひさびさに柘植(つげ)の櫛のお手入れをしてみた

柘植の櫛を愛用してます

椿油は一時期使ってすぐに使わなくなったのですが(最近また使い始めました)、柘植の櫛だけはずっと愛用してます。愛用といってもお手入れはだいぶほったらかしてましたけど。

ここ数年、無造作ヘアを言い訳に朝一回、櫛を通すぐらいの使用頻度。
でも櫛はこれしか持ってないので愛用には間違いないです。

tsuge

ほんとはまめに椿油を塗ってお手入れしてあげないといけないのに年単位でほったらかし。

手入れをされていない馬は毛並みでわかる

で、最近、髪の毛のパサパサ具合がひどいな…と感じていたのですが、ふと乗馬をやっている友人が言った言葉を思い出しました。

「手入れをされている馬の毛並みは艶々、逆に手入れをされていない馬も毛並みですぐわかる」

ちなみにその友人の通っている乗馬クラブでは、自分が乗った馬は自分で手入れをするらしく、ゆえに人気のある馬はいつも毛並みがぴかぴかだそうです。

これだ!と思いました。
人間の髪の毛もきっと同じハズ。
ブラッシングで頭皮の油分をきっちり髪に届けてあげなければ!と。

でも、豚毛や猪毛が植わったいわゆる”ブラシ”というヤツが苦手なんです。
抜けた毛が絡まってすぐ汚くなるじゃないですか。

そこで思い出したが、ずっと持っているにも関わらずちゃんと使っていない柘植の櫛。
古来、日本人の黒髪を育んできた櫛をちゃんと使えばつやつや髪になれるのでは、と。

柘植の櫛のお手入れ

思い立ったが吉日、と思ったのですがまず櫛自体の手入れをしなきゃということで、手元に椿油がなかったので台所のオリーブオイルで代用しました。

油の切れた柘植の櫛は、まあなんかその辺のプラスチックの櫛みたいなもんですから。

オリーブオイルをたっぷりかけてサランラップにくるんで一晩放置。

翌日、余分な油をふき取っている時にふと櫛の歯と歯を擦ってみたところボロボロと垢のようなものが出てくるわでてくるわ…。
垢のようなものっていうかまぎれもなく垢でした。

さすがに恥ずかしすぎて写真に撮る気になれませんでした。

歯と歯のあいだの掃除をするのに、いらない名刺を差し込んでこそげ取るといいかんじでした。とだけ書いておきます。

髪には椿油ですが、櫛の汚れを落とすという目的に絞ればたっぷり使えるオリーブオイルもアリだなと思いました。

今後は汚れをためないようにこまめに手入れをしようと思います。

シャンプー前のブラッシングが効果的な理由

そして新習慣にしようとしてるのはシャンプー前のブラッシング。
シャンプーで汚れを落としやすくする目的もありますが、根元の油分を毛先までいきわたらせることで、洗髪による洗いすぎのダメージが軽減されるとどこかで聞いたからです。

生き返った?柘植櫛と椿油でどこまで髪に変化が出るか楽しみです。

ちなみに使っている櫛は

つげ櫛 解櫛4寸 国産さつまつげ ケース付 (黒)
これです。

ほんとうは彫りの入った櫛が欲しかったんだけど、予算オーバーで買えなかった思い出。

つげ櫛 彫解櫛4寸 国産さつまつげ ケース付 (桜)

柘植の櫛のその後

その後、猪毛のブラシを買ったり、ダイソーの桃の木櫛を買ったりもしたんですが、やっぱりメインで使っているのは柘植の櫛。
そしてお手入れは半年に1回ぐらいしかしてませんが元気です!

柘植の櫛いいよ。

『モテ髪師』義永大悟式☆ヘアアイロン(コテ)巻き髪レッスンを受けてきました

2016.05.15

予約待ち数か月!?の「復元ドライヤー」を2週間弱で購入できました!

2016.05.15

バナーから登録で30ptプレゼント
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス