冬の新千歳空港(札幌・北海道)はマジで飛行機が飛ばない!!

2021年年末から2022年年始にかけて北海道に行ってきたんですが、飛行機飛ばなくて帰れないかと思いました。

過去に2回ぐらい12月に札幌に行ったことはあったんですが、そのときは行きも帰りもオンタイムで行けたので「欠航になるとかよっぽどの時デショ?」ってちょっと舐めてたとこあったんですが、いや今回マジで冬の北海道(特に新千歳空港)怖いと思いました。

行き:12/30 7:00成田→8:40新千歳 ジェットスターGK103

前日は空港ターミナルに入ってるナインアワーズに宿泊しました。

夜に都内から移動したんですが成田空港遠いね???到着したのが0時過ぎてたのでシャワーだけ借りて空港内で夜明かししても良かったかもしれない。

成田のT3(LCCのターミナル)は設備もそれなり…みたいなのを読んでたので全然期待してなくて関空のT2みたいなプレハブっぽいのを想像してたけど、いや普通に神戸空港よりしっかりしたターミナルじゃない??
搭乗まであんまり時間なかったのでさっさと中入っちゃったけどこれだったらT3で時間つぶししても良かったかも。
あ、あと普通のターミナルから歩いて行けるのもいいですね!

早朝の成田空港。

はい、そしてこちらが新千歳空港。東京より日の出が1時間ぐらい遅いのであんまり時間が経ってる感がしないね!

行きはぜんぜんオンタイムだしこの調子でいけると思ってたんですよね。

帰り:1/2 20:15新千歳→22:40関空 ピーチMM118

まず前日の1/1。わたしは小樽にいましてね。夕方に小樽から札幌経由して旭川に向かう予定にしてたんですよ。
この日の小樽は朝から雪が振ったり止んだり、天狗山で初日の出を拝むイベントとかやってたけど多分ご来光は見れなかっただろうなあっていう天気。

時折、陽が差したりもするんですが、

昼過ぎからこんなかんじ。

これは電車がちょっとやばいかも、と思って予定より2時間ぐらい早く札幌に移動することにしたんですが、案の定、小樽→札幌の列車も何十分遅れとか間引き運転とかになってたんですが、それよりまあ駅の改札に新千歳空港の発着情報が掲示されてたんですがそれがほぼほぼ欠航

いやいやわたし明日帰る予定だけどこれヤバない?と思って万一の時のために翌々日の飛行機の空席を探してみたんですがもともとピークシーズンですもん、全部満席です。

1席だけJALで新千歳→中部のクラスJで46,810円っていうのがあったので速攻で抑えて、その後もずーっと代替手段を調べてました。こういうときのんびり待てない性分なんですよねえ。

空が無理だったら陸路で帰るしか無いかと思って、函館まで出て新函館北斗駅から東京まで新幹線で帰ろうかなと思ったり。といってもはやぶさは全席指定なんですが、仙台以西は全部埋まってたのでとりあえず函館までの夜行バスと新函館→仙台までの席を押さえたり。

あとは海路も調べたのですがこちらは毎日便があるわけではないので曜日が合わず。

飛行機以外の北海道への移動手段

北海道・東北新幹線
新函館北斗駅~東京駅(3時間57分)…全席指定、満席の場合は立席特急券が発売される。

新日本海フェリー
小樽~新潟(17:00→翌09:15)
小樽~舞鶴(23:30→翌21:15)
苫小牧東~秋田(19:30→翌07:35)
苫小牧東~敦賀(23:30→翌20:30)

太平洋フェリー
苫小牧西~仙台(19:00→翌10:00)
苫小牧西~名古屋(19:00→翌々10:30)

ジタバタしても仕方がないので(したけども)、できる手を打った後はJRの運行情報と新千歳の発着情報を気にしつつラスト1日の旭山動物園を楽しみました。

旭川はめちゃめちゃ天気良かったんですけどね、、、

多分、旭川より新千歳のほうが天候が不安定ぽいんですよね。なので若干の不安をいだきつつ当初のスケジュール通り新千歳空港へ。

20:15の便で19:00に新千歳空港についたので余裕かな、と思ってたのですが、

そうだった新千歳空港はめちゃめちゃ混むんだった。。。

まず自動チェックイン機に並ぶ列と機内預けの列と保安検査待ちの列が混然一体となっていてカオス。

新千歳空港って変な作りしてるんですよね。普通、各航空会社のチェックインカウンターがあって保安検査場がまとめて1ヶ所どん!ってあると思うんですが、新千歳は航空会社のチェックインカウンターの横にそれぞれ保安検査場があるスタイルなんですよね。だから人が溢れてくるとまじでカオス。いやほんと冗談でなく「最後尾はこちら」札を作ってくれ。。。

この時点で「定刻20:15発が20:50発に変更になりました」とのことだったんだけど、19時過ぎてるのに「定刻19時発○○行きのお客様はおられませんかー?」ってスタッフが声かけてる状態なのでまあアテにはならんなと思いつつ、次の日も休みだし、もともと定刻通りに飛んでも家まで帰りつけるか微妙で関空で一晩明かす心づもりもしてたので、「まあ何時になっても飛んでくれたらいいよ」と余裕ぶっていたのですが…

とりあえず保安検査を終えてセキュリティエリア内に入ったのですが、ピーチだけでも18時発の便からずっと待ってる状態なので人でパンパン。みんな床に座り込んだりしてました。

ところでなぜこんなに遅れているかというと、他所から新千歳に来て乗客を降ろした便がそのまま折返し便になるわけなんですが、雪のため使える滑走路が少なくてまず新千歳に来た便が降りられない。18時発の便からずっと乗る飛行機が来るのを待っているような状態でした。

22時ぐらいにやっと定刻18時発の関空行きが飛んだりしてたんですが、そんな中「定刻19時発関西国際空港行きMM116瓶は先程到着しましたがヒライのため整備が必要となり欠航が決定いたしました」というアナウンスが。

ヒライ?そりゃ飛行機なんだから飛来するんじゃないの?え?なんで欠航??

…ってあの時待合にいた全員が一瞬「???」ってなってたんですが、ヒライは多分「被雷」ですね。飛行中に機体に雷が落ちることはままあるらしいので。それにしてもここまで待った挙げ句に欠航って。

電車が遅延したときとか駅員さんに絡んでるおっさんとかよく見かけるんで、荒れるんかなと思ったんですが皆さん粛々と立ち去っていかれるのが逆に印象的でした。

19時発の関空行きは欠航になりましたが、20時発の便は運行予定(まだ機体到着してないけど)とのことでそのまま待合で待つようにとアナウンス。

周りからは「まあピーチだからね」という空気がひしひしと感じられてたんですが、今度は定刻19時だか20時だかのANAの羽田行に「ただいま機体が到着しましたが、乗務員が国土交通省の定める飛行時間をオーバーしたため欠航となります」という宣告。いや、それもっと早くに分かってたんじゃ…。

ただこれでANAは翌日に臨時便を3本増やしたようなのでさすがフルキャリだなと思いました。

これ以降も羽田到着後に公共交通機関が終わっているので、全員に一律現金で1万円支給とか1万5千円まで後日実費精算とかいろいろ手厚かったです。

そうこうしているうちに今度は20時発成田行きのピーチが「新千歳空港、降雪の影響で欠航が決定しました」と。これは多分、成田空港は24時以降の離着陸が認められていないのでタイムリミットに引っかかったんじゃないかなと思います。

わたしが乗る予定のMM118便は「機体が到着後、整備が必要となる可能性があります。現時点でキャンセルを希望されるお客様は…」みたいな不吉なアナウンスがされるわで気分はロシアンルーレット。あれだけパンパンだった待合がガラガラ。

この時点で翌日の空席情報を調べたら、ANAの7時発の羽田経由伊丹行き50,810円が1席でてたのでとりあえず予約。

(新千歳は24時間じゃないから不便だよなあ、一旦札幌戻ってネカフェでも泊まるか…)と札幌のネカフェを調べてるところで、やっと「MM118便のお客様は1番ゲートに起こしください」と。これが23:30ごろ。

そこから実際に離陸したのが0:20頃で関空についたのはAM2:30ごろ。途中、機内消灯してて国内線なのに国際線の雰囲気を味わえました。

深夜の関空。24時間やってる空港バンザイ!

この後、コンビニで買ったサンドイッチとおにぎり食べて、始発までターミナルのロビーのベンチで寝てました。それにしても関空も閑散としてるね。ちらりとこのまま早朝の飛行機の写真を撮って帰ろうか、とも考えたのですがとにかく眠くて眠たかったのでおとなしく始発で帰りました。

一応、今回も余裕を持って旅程組んでたんですけどね。冬に北海道行くときは気をつけようと思いました。