Siセンサー付きのガスコンロで餅を上手に焼く方法

Siセンサー付きコンロってなんですか?

ウチのホワロちゃんのリンナイさんのホームページより。

…ってことで。

いや、確かに安全面ではいいと思うんですよ。

でもね、たまにすっごく邪魔なのも事実。

ホントにねー、

餅を焼くのが一苦労ですよ!!!!

大勝利!補助五徳でSiセンサーコンロでセラミック焼き網がストレスなく使える

2016年12月31日

こちらの補助五徳を使っても餅が完全に焼けるまでには結構な時間がかかる。
ストレス無し、とか書いたけど、あかん、餅はあかん。
(パンはすぐ焼ける)

切餅の芯までしっかり柔らかくしようと思うとなかなか根気がいります。

そんなわけで、

今冬は餅を1袋しか食べてません!!!

焼くのが面倒でさあ。

結局3月に入った時点でまだ6個ぐらい残ってて、いい加減冷蔵庫も空けたいし(←おいそれとカビないように冷蔵庫にいれてます)、ってことで考えました。そして思いつきました。

餅を半分に切ればいいんじゃね?

切った。

焼いた。

いい感じに焼けました!

今度から餅はすべて半分に切ります!\( ‘ω’)/

ダイソーの『お餅トレー』で1分で餅が食べられる!!!!

このトレイに、水をくぐらせたお餅を載せて600Wで1分レンジでチンすると…

このようにお餅がとろんと!

うたい文句通りにぜんぜんトレイにくっつかずにスルン♪と取れます。

香ばしい焼き目が付かないのが寂しいですが、

今すぐ餅をッ!食べたいッッッ!!

って時は非常に便利です。

ちなみに取説には、

・500Wで40~50秒
・600~800Wで30~40秒

って書いてあったのですが、ウチのレンジでは600Wで40秒だと中まで柔らかくならなかったです。

ちなみに、わたしが一番好きなお餅の食べ方は、『お湯漬け』です。

文字通り、焼餅にお湯をかけて食すだけなんですが、これってメジャーな食べ方なんですかね?
緑茶でお茶漬けも美味しいよ!

スポンサーリンク