まな板の黒ずみ(か、カビ?)を紙やすりで削ってみた

昔からプラスチックのまな板には抵抗があって、木のまな板使ってるんですけど。

ほんとね、お恥ずかしい話ばっかりで申し訳ないんですけど、まな板にね、結構点々と黒ずみが見られるんですよね。

manaita013002

まあ、ぐぐるよね。

そうじゃないかと予想してたけどどうやらカビのようです。

殺菌効果の高いといわれるヒノキのまな板にしてたんですけどね…。

まな板のカビ、削る?漂白する?

まな板のカビ対策、一番簡単そうなのは、キッチンハイターなんかの漂白剤で漂白するというものだけど、漂白剤が木に染み込んでしまうとカビよりもそっちのほうがヤバそうだったので却下。

ということでカビを削ることにしました。

当然、カンナなんかはつかえないので紙やすりです。

こちらのページ(木工小物・まな板のお手入れ方法 – 杏吉)を参考にして

80番、180番、240番の3枚を購入。

四角い木片なんかに巻き付けて使うと削りやすいらしいのですが、当然そんなものが家のなかに転がっているはずもなく。
しょうがないので、調味料の瓶に巻き付けて使ってみました。
確かに手だけで削るよりは削りやすい。(気がする)

manaita013000

しゃこしゃこしゃこしゃこs、結構うるさい。
なんとなく全体的にかけてみる。

manaita013001

しあがりこんな感じ。
全般的に色白になりました。
カビの部分は結構しっかり削ったので、ちょっと斜めになってます。

せっかく紙やすりを手に入れたので、

ダイソーの桃の木櫛にもやすりをかけてみました

ダイソーの「桃の木櫛」と柘植(つげ)の櫛を使い比べてみた感想

2015.09.12

ダイソーの桃の木櫛、椿油などの油に漬け込む前にやすりで表面のニスをはがしておくのがいいらしいのですが、面倒くさくてやってなかったんですよね。

今回ついでだったで桃の木櫛も削っときました。

今、油に漬けてます。

kushi013000

ついでのついでで、
つげ櫛 解櫛4寸 国産さつまつげも一緒に着けてます。

さてさて使い心地は変わるでしょうか。

バナーから登録で30ptプレゼント
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス