アラサー、アラフォーからはじめてのピアスをトラブルなく開ける方法

以前書いたピアスについての記事が意外と人気があるようなので、もう少し詳しく書いてみたいと思います。

earring101300

アラサー、アラフォーからのピアスはぜんぜんアリです!

まず、「アラフォー ピアス」で検索してこられる方が多いのですが、

アラサーでもアラフォーでもアラフィフでも、ピアスデビューに年齢は関係ありません!

わたしは基本的にアクセサリーや時計などは着けても気になってすぐに外してしまう(そしてそのまま失くす)のですが、ピアスの良いところは小ぶりのものなら例えぶら下がりタイプであっても着けていることを忘れてしまうことです。


アクセサリーの中でも特にイヤリングはすぐに耳が痛くなってしまうので苦手なのですが、ピアスホールを開けたことで母親から貰った真珠のイヤリングもピアスにリメイクして有効活用することが出来るようになりました\( ‘ω’)/

ピアスの穴あけ一度目の失敗

わたしが初めてピアスホールを開けたのは20代半ば。
いまだに注射の時にはハンカチで口元を抑えながら必死に顔を背けて決死の覚悟で臨み、看護師さんに「大丈夫ですからね~」といわれながら針を刺される人間なのでそれは大きな決断でした。

もちろん自分で穴をあけるなんて芸当は到底出来るわけありません。

ちょうどその頃通っていた病院の受付に立っていた「ピアスの相談に乗ります」という小さなプレートを見て、イキオイで開けてもらった記憶があります。

友達の中には2週間ほどでファーストピアスを外して、すぐにインド雑貨屋さんで売っているようなぶら下がりタイプのピアスをしてもまったく平気な子もいました。

が、わたし自身はなかなかピアスホールが安定しないタイプでした。

特に傷の治りが遅いとか金属アレルギーがあるとか意識したこともなかったので、自分がどうなのかは実際にピアスを開けてみないと分からないかもしれません。

この時はピアスについての知識がほとんどなかったので、とりあえず1ヶ月ほどでファーストピアスを外した後、スタッズタイプではありましたがポスト(軸)が細くて短い、見た目も華奢なピアスに付け替えました。

ピアスのポスト(軸)が細くて短いほうが穴に入れやすそうって思ったんですよね。

ピアスの着脱が怖かったのもあって、そのセカンドピアスをつけっぱなしにしていました。ホール自体もじくじくした感じが抜けなかったので、あまり触らない方がいいだろう、と思っていたのです。

そしてある日ふと見てみると耳たぶが腫れてピアスが穴の中に埋もれそうになっていたワケです。

怖くなって慌ててピアスを外して、その時はそれっきり。
ピアスホールは跡かたもなくふさがりました。

ピアスの穴あけ二度目の挑戦

二度目の挑戦はそれから約10年後、30代の半ばでした。
一度目のピアスの穴あけに失敗した後、もうピアスなんて開けないぞと思っていたのですが、なぜか急にどうしてもピアスを開けたくなっていてもたってもいられず、会社のパソコンでピアスを開けてくれる病院を探してその足で開けに行きました。

「ピアス 病院 ○○市」などでネットを検索するといくつかあがってくるかと思います。

値段は1ヶ所(=片耳)1500~2000円が相場かと思います。
その他に診察料が掛かるところ、ピアス代が別途掛かるところいろいろあります。
私は調べた中で一番安いところにしました。

10年前に初めてピアスを開けた時は、金の丸玉のこれぞファーストピアス、というピアスしかなかったのですが、今回は石のついたものなど数点からピアスを選ぶことが出来ました。

http://www.seikoclinic.jp/depilatory/pierce/

初めて行った病院だったのですが、診察室に案内してくれたスタッフさん(看護師さん?)の耳に軟骨も含め10か所ぐらいピアスが開いているのをみて安心しました。

病院でのピアス穴開け

最初に問診票を書いて、渡されたペンで自分でホールを開けたい位置をマーキングします。その後は特に施術箇所を冷やしたりすることなく、いきなりバチン!バチン!と穴を開けて終了です。

穴の位置とか一緒に考えてくれないです。

バチン!は一瞬なので音でびっくりするような感じ。
片耳バチン!とされて衝撃でびっくりしているうちにもう片方も終わる感じです。
痛みはあとからじんじんとしてきますが、どちらかというと痺れるような鈍い痛みなのであまり気になりません。
たぶん近い痛みはビンタされるような痛み?

最後にしばらく毎日患部を消毒するためのツールを貰うのですが消毒液ではなく清浄綿を渡されました。
お産の後に局部を清潔に保つために使ったりするやつです。
見た目びしょびしょの厚手のウェットティッシュ、といった感じです。
薬局でも売っています。(100枚入りとかだけど)

医療用の脱脂綿にごく低濃度の消毒液をしみこませ、フィルムで個別包装し、さらに滅菌したものが、「清浄綿」です。
『出産直後から授乳期まで ママと赤ちゃんのための清浄綿&ぬれコットンの選び方・使い方』

これを一包だけ渡されて、毎日少しずつ切って耳の前後を軽く挟むようにして消毒するように言われました。

ピアスの穴あけ直後の注意点

ピアスを開けた時は着脱しにくい服は厳禁です。

ピアスを開けるのは夏より冬の方が良いとはよく言われますが、タートルネックや素材的にひっかかり易いセーターなどを着る機会が多くなるので実は危険だと思います。気をつけないとピアスをひっかけて痛い思いをします。その瞬間痛いだけならいいのですが、ピアスを開けたてだとすぐ腫れたり膿んだりしてしまいます。

髪の毛が長いのも注意です。

無造作にブラシを通した時、何気なく手で掻きあげた時ににピアスを引っかけてしまうことがあります。

そんなこんなで、2回目のピアスもファーストピアスを外す前の段階でひどく膿ませてしまいました。
ピアスを開けてもらった病院に行くと、お医者さんの答えは単純明快、「一旦外して、穴が塞がってから開け直してください」でした。

「デスヨネー」と思いつつも、もう一度ピアスを開け直すのはイヤだったので、「もしこれ以上ひどくなったら自分で外します」と言って無理やり抗生剤(飲み薬)をもらって帰ってきました。

結果的にやり直しをせずに済んだのですがその時に抗生剤を飲みつつ試したのがホットソークです。

ホットソークについてはこちらの記事を。

セカンドピアスが重要!ピアスホールをトラブルなく安定させる方法&ネットで買えるオススメのピアス

2014.10.01

ファーストピアスを外す

ホールを開けてからひと月たった頃にファーストピアスを外しました。
昔ながらの金の丸玉ではないとはいえ、やっぱりファーストピアスってあんまりオシャレじゃない。
だから早くはずしたくてうずうずするんだと思います。

今となっては付け替えるのが面倒っていうか、すでに体の一部になってる感じでスタッズピアスだとひと月ぐらいつけっぱなしはザラ。

でもホールが安定しきった今でもしばらくピアスをつけっぱなしにしておくと垢が溜まって臭うので、ファーストピアスもやっぱり1ヶ月前後で外したほうが良い気はします。

その時期までにあまりにも安定しない場合は、金属アレルギーなど他に原因があるかもしれないので一度診てもらったほうがいいかもしれません。

そしてファーストピアスを外す時ですが、もし頼めるなら家族とか友達、できれば既にピアスをしているひとに外してもらった方が安全です。ファーストピアスって、結構がっちりホールドされている上に、自分もピアスの着脱に慣れていないのでなかなか外せなかったりします。

耳の後ろとか見えないし、どこを持っていいのか、どこに力を掛けたらいいのか、初めてだと予想以上に分からないものです。
ああじゃないこうじゃない、といろいろいじりまわして30分ぐらいの格闘の末、エイヤッで力を込めた拍子にスポーンと抜けました。

取れたはいいけどそんな感じだったので当然ホールもちょっと傷ついてしまいました。

ピアス初心者が用意してくと良いもの

セカンドピアス

ファーストピアスを外す段階で、ちゃんとしたセカンドピアスを用意しておくこと。
ファーストピアスを外すという作業の中でピアスホールを傷つけてしまう可能性大なので、セカンドピアスは本当に気を遣って選ぶべきです。

セカンドピアスについてはこちらの記事に。

セカンドピアスが重要!ピアスホールをトラブルなく安定させる方法&ネットで買えるオススメのピアス

2014.10.01

キャッチ(止め具)の予備

そして出来ればセカンドピアスの予備、無理であればせめてキャッチ(後ろの留め具)の予備を用意しておきましょう。
ファーストピアスと比較にならないぐらい、普通のピアスって外れ易いです。

ピアスをつけている状態に慣れると日常生活でピアスが勝手に外れることはなくなるのですが、最初の頃って着替えの際などにピアスがどっかいったりキャッチが知らない間になくなってたりすることがたまにあります。

わたしはこういうよくあるタイプのキャッチが苦手だったので、

すべてシリコンのキャッチに付け替えています。

最近のこういうキャッチもおすすめです。

潤滑材

今では鏡を見なくても耳たぶにピアスの軸を滑らせたらスポッと貫通させられるのですが、最初のころは耳の表から裏まで貫通させるのは一大事でした。

すぐに穴が縮んでしまう体質みたいで、美容院なんかで1~2時間ピアスを外すともう大変。その後トイレで10分ぐらい格闘してました。

今じゃどうやったらピアスを入れるときにホールを傷つけられるかむしろ分からないんですが、当時は入れる角度がおかしいからかよく「痛たたたたっ(涙目)」ってなってました。

躊躇いがちにやるから余計ダメだったとは思うんですが怖いものは仕方ない。

なのでしばらくはピアスを入れる前にピアスのポストと耳たぶにオリーブオイルやビーワックス、馬油、オロナインなどを塗って滑りを良くしてから入れてました。

傷薬代わりにもなり、口に入れても大丈夫な馬油は便利ですが、夏場は液状化するので持ち運び注意。

こういった潤滑材になるものを塗っておいて、ポストの先をホールに宛ててピアスのお尻(=石などのついてる部分)を指でトントンと叩いて入れてました。

3つ目のピアスホールを開けた理由

実は今、右耳だけ2つピアスホールを開けています。
理由は単純で片方だけなくしたピアスを有効利用するためです。

セカンドピアスとして用意したピアスが結構、お高いピアスだったんですけど、不注意で片方だけなくしてしまいました。
片方を買い直すより穴をもう一つ開けた方が断然安上がりだったんです。という理由です。

ピアスをなくさないためには?

わたしがピアスのなくすパターンは旅先です。

例えば旅先のお風呂場でピアスが外れて転がって行った時、自宅だったらどこを探せばでてくるかだいたい検討がつくし、じっくり探せるのですが旅先だとそうもいかず、結局あきらめることに。

ちなみにセカンドピアスの片方は、沖縄でシュノーケリングをした際にウェットスーツを脱ぐときに外れてどこかへ行ってしまいました。。

普段と違うことをするときは慎重に、面倒くさがらずに外して財布の中にでもいれておきましょうね!

セカンドピアスが重要!ピアスホールをトラブルなく安定させる方法&ネットで買えるオススメのピアス

2014.10.01

バナーから登録で30ptプレゼント
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス