肩甲骨のキワッキワのツボをぐりぐりできるアレが欲しい…!

温泉宿とかに置いてあるアレですよ…!

中山式も良いのですが、

中山式快癒器がわが家にやって来たので早速使ってみた感想

2017.08.23

肩こりを飼っているひとなら中山式では届かない、肩甲骨のキワッキワのところを抉るようにぐりぐりしたくて居ても立っても居られない気持ち、わかってくれると思う。

今すぐここに傘の柄的なものを…そういえば温泉宿とかに置いてあるアレ、アレが欲しい…!

そう、その名も、

つぼキーク(と、その類似品)

旅館とかでよく見かけるのはこれ。なんとドイツ製!そう言われてみればレトロアンティークなフォルムがそこはかとなくお洒落?
っていうか日本語のネーミングおい。

最初はつぼキークを買おうとしてたんですが、探してみたらよく似た商品が半額以下だったのでこちらにしました。

なんと昭和40年からのロングセラー商品らしい。

なんといってもこの商品、

ネットサーフィンしながら片手間にぐりぐりできるのがいい…!

中山式だと寝っ転がって上に乗ってじっとしてないといけなんですが、つぼキークとその仲間たちは片手でマウスぐりぐりしながらとか、とにかく「ながら」で使えるのがありがたい。

これ、会社のデスクにも欲しいぐらいだけど、さすがにぐりぐりしながら仕事するのはなあ~(なけなしの羞恥心)。

ちなみに温泉宿でつかったのがつぼキークだとすると、つぼキークの方が柄がしなる分、より一層ツボにピンポイントで響いたような気がします。

あと、わたし的には腰にはつぼキーク(以下略)だと筋肉で滑ってしまって上手く力が入らないので、中山式の方がよい感じです。

適材適所!