初めてゴキブリを自分ひとりで退治しました

できることなら会いたく無かったです。泣

以下、文字にするのも嫌なのでGと表記します。

ある日トイレのドアを開けると…

床にGがいました。死

そっとドアを閉めて…
そろりと部屋に戻って、コックローチを片手にスタンバイ。
再びトイレのドアをそーーーーっと開けると…変らずGがいました。
夢だったら良かったのに…って、ここでGの姿が見えなかったらそっちのほうが恐怖だから!と自分に言い聞かせ慎重にコックローチの照準を合わせました。

実はわたし、これまでの人生で自分でGを退治したことがなかったのです。
実家暮らしの時は夜中だろうが母親に泣きついてました。
死骸を新聞紙ですくってゴミ袋に入れる、ということすら無理!だったので、

一人ぐらしを始めるに当たって、一番の心配事は、ホームシックでもお金の問題でも、セキュリティでもなく、

Gが出たら自分ひとりでなんとかできるのかどうか…?

でした。

引っ越してきて1年間。
引越ししてきた当時は、夜寝る時に枕元にコックローチをスタンバイさせて寝ていたぐらいなのですが(実話)、1年間何事もなかったので、もうこの部屋にはGはでないんじゃないか、とさえ思っていた矢先にこの出来事。

冷や汗をかきながらコックローチを噴射。
Gってなかなか死なないんですね。

わたしの方に向かってくる気配がなかったのが不幸中の幸い。
お陰でパニックにならずに済みました。

台所の流しの下から食器用の中性洗剤を取りだしてGにかけるぐらいは冷静でした。
噂どおり中性洗剤効きますね。

引越ししてきた時にGが出たら用に購入していたのものです。
普段、食器洗いは廃油石鹸使ってるし、こちらもすっかり流しの下に押し込められていたのですが、流しの横に現役復帰してもらいました。

死骸をゴミ袋に突っ込むところが一番思い出したくない部分なのですが、なんとか一人で一連の処理をやりきりました!

…大人になったな…。

できることなら一生味わいたくなかったですorz

現在、厳戒態勢中

Gの糞が点々とトイレに残されていたのですが、他の場所にはそれっぽいものは無いので、たまたまこの1匹だけが迷い込んだものだと信じたいです。信じたいですが急ぎ薬局で追加の対Gスプレーを購入してきました。

うっうっ。

Gに出会わないための涙ぐましい努力の数々はこちら

業務用プロ御用達のゴキブリ駆除のベイト剤(毒餌)を購入してみた

2015.04.25

ゴキブリ(害虫)駆除業者を頼んでみた

2014.09.17



しばらく家の中で生きているゴキブリ見ていないのは...アノ白い粉のお陰?(※ホウ酸です)

2017.09.10

バナーから登録で30ptプレゼント
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス