ロシアのヤバい粉ことSIGIL INSPIREDのアイシャドウが届きました!

「ロシアのヤバい粉」とは

SIGIL INSPIREDというロシア産のアイシャドウなのですが、ちょっと他ではお目にかかれないその色味とキラメキについたあだ名が「ロシアのヤバい粉」。(マットシャドウもあります)

この通称は本家ににも採用されています。

ちなみにSIGIL INSPIRED公式サイトはこちらhttps://sigil.me/ですが、基本的にロシア語なので割とどこに何が書いてあるかサッパリです。公式サイトから購入はできるようなのですが、Etsyというインターナショナルなミンネみたいなサイト経由のほうが日本語で買い物できるので楽ちんです。

7/7注文→7/30に到着しました

コロナの影響でしばらく配送に3ヶ月ぐらいかかっていたようなのですが、物流も回復しているようで1ヶ月弱で届きました。

パッケージングが素敵。

まるで一つ一つプレゼントを紐解くようなワクワク感…!

正直、商品ページ見ても品数がありすぎて何を選べばいいかサッパリわからなかったのでセールで割引になってたセットを2つとあと気になった色をバラで2つ購入して、しめて54ドルちょっとでした。

温かいココアは如何

親友のお化け

テスタースタック他

3連になっているのはテクスタースタック(お試しセット)です。

ピンクと緑の極彩色

他に気になった色をバラ売りで。
四角い箱に入っているのは小さなサイズが売り切れていたので一番大きなサイズ(2ML)を購入したもの。

リスの御用聞き

1MLサイズで、
ソウルギャザー

残りの2つは多分オマケです。She Who Polishes Her Fangs とあと1つはロシア語でしか色名が書かれていないので判別不能。

ちなみに色名は、

ボトルの側面にロシア語で書かれているものが殆どで、

多分、最近の?は側面にシール。これだけ何故か英語表記。

2MLは底にシール(ロシア語)でした。

ロシアのヤバい粉を塗ってみた

きれいなグラデーションを作るテクなどないので、とりあえず1色を置いただけ。
2MLサイズを購入した「リスの御用聞き」

完璧すっぴんでまぶただけキャンメイクのアイシャドウベース塗った上から、ブラシで水なしで。

普段アイシャドウベースとか使わないのでめっちゃヨレさせてますが、水なしで塗ると見た目ほどドギツく付かないのでぜんぜん普段遣いで使える感じです。

あと、透明感があるので思っていたより肌なじみが良いな、と思いました。

ところでロシアのヤバい粉を輸入しようと思ったきっかけが「ゴールドのシャドウが欲しい」だったんですけど、気がついたらゴールドのシャドウ一個も購入してなかったので、そのうち第二弾を輸入したいと思います。

そもそもこの2月から半年で10回ぐらいしか化粧自体をしてないような人間なんで、もうちょっとアイシャドウの塗り方を勉強しようと思います。