左胸がチクチク痛いので病院行ったら24時間心電図検査された話

最近、左胸が時々痛くなったり、動悸がしたり、立ち眩みしたりすることがあって、

なんか大きな病気だったら怖いなー

と思ってたので病院行ってきました。ほら、例の左肩の痛みもあるし。

それに実は去年の健康診断で心電図に所見を書かれてしまったんですよね~。人生初の。

別に再検査もしなくていいやつみたいなんだけど、胸が痛くなったり、肩が痛くなったり、立ち眩みしたり、するたびに

脳裏に三崎くんが登場するので、

病院行くことにしました。

まあ、多分、

更年期

とか

自律神経失調症

とか

そんな気するけどね。

で、会社帰りに軽い気持ちで「内科・循環器科」を標榜してるクリニックで先生に上記のようなことをつらつらと述べたら、

いきなり24時間の心電図を取ることになりました!

「じゃ、24時間の心電図取っときましょう」って軽く言われて、「えっ、…でも機械って大きんじゃないですか。明日も仕事だし」って言ったら、先生が指でマッチ箱ぐらいの四角を作って「これぐらいの大きさですよ」っていうし、さらに追い打ちで「また別の日に来てもらうのも大変ですし」って24時間心電図検査は確定みたいな感じで追い打ちかけられたから、まあその小さなマシーンを胸にくっつけたら終わりなんだったらと思って「あ、じゃあ、せっかくだしやっときます」って言ったんですけど、

そんなわけなかった。

ホルター心電図というやつですが、

結構御大層な感じだった。先生、一言も言わなかったけどこれ風呂に入れへんやつやんか…。

あとは案外服を着ればわかんないんですが、まさかいきなりこんなことになると思ってなかったので、深めのVネックのニットを着ていたので胸元の電極丸見えでした。上着着ててよかった。

記録マシーンはこんなの。使い捨てのホルダーに入れて腰に装着。落っこちないように首からもストラップで吊ってます。

さらに動悸とか息切れとか異常を感じた時に押してレコーダーに記録するようのボタン。

着けてる間の行動記録を書く用紙。

ホルター心電図の検査料は結構お高い

ホルター心電図の他に、血液検査、普通の心電図、心臓エコーも取ったので、有り金で足りるか心配だったのですが、一応、常識的な金額で良かったです。お高いのはお高いですけど。

普通の心電図と心臓エコーとったあたりで、「健康診断に書かれてた所見もみられないし、心臓の大きさも動きも問題ないですねー」、と言われたので

ホルター心電図、もしかして必要なかったんじゃ?

という気もするのですが、まあ検査しなかったらしなかったでまた不安になるしよいブログネタができたと思うことにします。

結果が出るのに1週間かかるのでドキドキしながら待ってます。

一週間後の結果、問題なしでした。

心臓の器質、機能的には問題なしとのこと。わーい、よかった!
じゃー、なんで胸が痛いのか?っていうのは相変わらず不明なままですが、

ま、突然ぽっくり死ぬ病気じゃないならいいや\( ‘ω’)/

スポンサーリンク