2017年10月サンシャイン水族館 with NikonD40!

ほんとは10時の開園時間前から並ぶつもりだったんですけど、
しっかり朝ごはん食べたり道に迷ったりなんかしてたら、
サンシャインに着いたのが10:15ぐらいでした。

入場までおよそ50分、ひとりでがんばったよ!

こないだの「怖い絵展」の反省から、

兵庫県立美術館に「怖い絵」展を見に行ってきた感想

2017.09.17

入場チケットは先にコンビニかどっかで仕入れていくのが得策だとは思ってたのですが、
セゾンカードを提示すると400円引きで入場できることを知ってしまって結局、当日窓口にならぶことに。

その前に、水族館ある階へは1階から直通の専用エレベーターであがるわけなんですが、
すでにそのエレベーター乗り待ちで、

50分

のサイン。

一瞬、そのままUターンして帰ろうかなという気にさせられたのですが、次の予定までだいぶと時間あるし、見たところ列も流れているし実際そこまで待たないような気もしたのでそのまま並ぶことにしました。

結局、エレベーターとチケット窓口で合わせて50分というところだったんですけど、まあアレです。まわりカップルか家族連れかで若干辛かった。スマホがお友達だもん。

そして館内はまあ混んでいるといえば混んでるのですが、そんなに長居する人もいないのか芋の子を洗うほどでもなかったです。

しかし水族館撮影は難しかった。
ひさびさにカメラを触ったこともあるんでしょうが、130枚ぐらい撮ったうちでなんとかみれる写真が10枚ちょっと。
つまりここにあげたので全て。orz

水族館撮影の反省点

1.標準ズームレンズしか持っていかなかったこと。

「荷物を少なくしたい」「どうせ混んでるしレンズを付け替えている余裕なんてないだろう」ということで、
標準ズームか短焦点か迷って結局ズームレンズ1本にしたのですが、サンシャインはそこまで大きな水族館では無かったので、
余裕で2周出来たし、1周目と2周目でレンズを変えて回ればよかったな、と思いました。

ついでにもっと明るさが欲しい、と思ったり
もっと背景をぼかしたいと思うことが多かったので、
水族館での撮影には短焦点の方が向いてたかもしれない、と思いました。

2.水族館撮影のコツ、テクニックといった資料をまったく読まずに行ったこと。

1.で書いたようなことが「水族館撮影のコツ」でググってみたらまんま書かれてました。
まあ、ぶっつけでやってみて、後から答え合わせをした方が身にしみるというのもあるんですが、時間とお金のことを考えたら予習していったほうが効率いいよね、と思いました。

近いうちに水族館リベンジしたい。

バナーから登録で30ptプレゼント
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス