ヘナで白髪染め。ヘナを溶かしてペーストにするには泡だて器?ダマトリッパ?ゴムベラ?

なんですかね。
わたし、肌とか体型は-5歳とか-10歳とかに見えないことも無いのですが、髪の毛だけはダメです。白髪だけはどうやっても減らないです。

hair

ちなみに眉毛と鼻毛にも白髪があります。
人によっては下(シモ)のほうから白髪になるひともいるらしいです。笑
もっと腕毛とか脚毛とか指毛とか白髪になればいいのに!

ヘナで白髪染め

そんなわけで、数ヶ月に1回の白髪染めは欠かせません。
化学薬品で染めるケミカルダイイングは卒業したので、ヘナ染めです。
年2回ぐらいはプロに染めてもらうけどね。放置時間が寒い冬場とか。
ヘナもあったかいほうが染まりやすいのです。

ヘナ染めをしたことがある方は分かると思いますが、ヘナ粉を溶かしてペーストを作る時にダマをなくすのって結構タイヘン。
ダマが多いと髪に塗ったときにダマがボロボロ落ちてくるので大変塗りづらいです。
ヘナももったいないし。

今までは、泡だて器とダマトリッパを使ってました。

hena081501

一台8役のダマトリッパ。


食器洗浄機で洗えて、鍋やフライパンを傷つけにくいです。【ダマトリッパ】ダマトリッパ 販売店…

確かに普通の泡だて器よりはこちらのほうがはるかに使いやすい。
けど、アルミのボウルだとスベってしまうのか、側面や底に押し付けてダマを潰そうとしても、ダマが逃げてしまいます。

数年来、悪戦苦闘していたのですが先日ふと閃きました。

ゴムベラとかいいんじゃね…!?

ということで100均のゴムベラを買ってきて試したのですが、これが大正解!

ゴムベラの場合

hena081504

ダマトリッパの場合

hena081500

…写真だと分かりにくい上に、ダマトリッパの方が滑らかに見えますが、よく見てください。ダマトリッパの方は水気が多くてシャバシャバです。投入したヘナの相当量がダマになってしまうので、ヘナの粉を足しても足してもシャバシャバなのです。

ゴムベラで作ったペーストを塗ってみましたが、感動するぐらいダマが無かったです。

そんなわけでダマトリッパと泡だて器は断捨離しました。
いままでありがとう!

ヘナをダマにしないコツ

とりあえずヘナにお湯を足すのではなく、お湯の中にヘナを足していくとまだダマになりにくいです。
真空パックの場合は袋の中で粉が固まっているので、フォークなどで解してから、お湯に落とします。お試しください。

hena081502

使っているヘナはアートビーイングさんのヘナ。の一番安いやつ。笑

白髪をずっとヘナで染めてたらこんな感じだよ

2015.12.08

ヘナで白髪を染めるコツ

2015.03.20

バナーから登録で30ptプレゼント
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス