SBI証券で取引手数料&為替手数料無料で海外EFTを購入する方法

以前、別の話題の記事にちょろっと書いてますが、ほんのちょっぴりだけ株に投資してます。

ちなみに損益だけ公開するとこんな感じ。。。

いまのところトータルはプラスになっててやれやれです。

でも上から二つ目の-1200円の銘柄は一時期は+90万ぐらい行ってたし、4つ目の-16万ちょいのやつは一時期は+30万とかいってましたから。

それぞれ一番いいときに売ってたらトータル100万以上儲かったのに、

わたしったら超投資に向いてない。

でもでもでもでも、そもそも果報は寝て待ての長期投資ねらいだし、そもそものそもそも株って長期的には右肩上がりになることが前提なんじゃないの!?って言いたい。

なんか日本自体が株式投資にむいてないんじゃなかな

って最近はそんな気がしてきました。

なのでこの2年ぐらいでいくつか日本株を整理して、その代わりじゃないですが米国株を購入しています。

理由は単純で、米国の方が長期的に右肩上がりになるっていう「株式投資」システムの大前提がちゃんと機能してそうだったからです。

ということで今回、SBI証券でバンガード・トータル・ストック・マーケットETF(VTI)を購入したのですが、実はSBI証券と住信SBIネット銀行を使えば、外貨両替にかかる為替コストをタダにすることができるらしい。

いままでは知らなかったのでなにも考えずに「円貨決済」してました。(1ドルにつき0.25円の為替コストが上乗せされてたらしい)

その0.25円をどうやってタダにするかというと、

住信SBIネット銀行の為替コスト0円キャンペーンを利用します

キャンペーンなのでいつでもタダというわけにはいかないのですが、住信SBIネット銀行はちょいちょいこういうキャンペーンをやっているようです。




住信SBIネット銀行で円→ドルに両替する方法

普通預金口座(円)に残高があるものとします。

外貨預金タブ→外貨普通預金から「取引・為替レート」をクリック

米ドルの「買付」をクリック

注文します

キャンペーン期間中なら円→ドルの為替スプレッドは上乗せされません。

住信SBIネット銀行からSBI証券に外貨を手数料0で送金する方法

SBI証券の画面から行います。

入出金・振替→外貨入出金から「外貨入金」をクリック

通貨、振込金額、取引パスワードを入力して「振込指示確認」をクリック

内容を確認して「振込指示」をクリック

住信SBIネット銀行にログインします

内容を確認して振込を行います

取引履歴はSBI証券の入出金・振替→外貨入出金の「外貨入出金明細」から確認できます

SBI証券でEFTを購入する方法(NISAなら手数料0円!)

米国株・EFTを購入するには「外国株式」の取引開始手続きをしておく必要があります。

外国株式の横の「取引」アイコンをクリックします

ここのアイコンが緑の[開始]の場合は、クリックすると取引開始の手続きができます。

「取引」をクリック

取引内容と銘柄を入力して「株価表示」をクリックします

取引内容を入力して注文します

海外EFTはNISA枠内なら取引手数料0円です。

2018年3月10日からは海外EFTの積立購入もスタート

今までは銀行の定期預金に毎月8万の積立をしてたのですが、今月から半分ぐらいを海外EFTに回そうかなと思っています。まー、どうなるか分からないですけど!




『お金2.0』を読んでみた

2018.03.08