テフロン加工鍋から買い替え!取っ手が取り外せる燕三のステンレスの鍋セット

一人暮らしを始めた時に揃えたテフロン加工の取っ手が取れる鍋とフライパンのセット。

和平フレイズのココビット、

…の前身のブラビットというやつでした。

その後、フライパンは早々に傷だらけになって買い換えたのですが、

テフロン加工のフライパンが寿命だったので鉄のフライパンを買ってみた感想

2016.04.17

鍋だけはそのまま使い続けてました。

が、

とうとう限界がきました!

ふと気づくとだいぶと体に悪そうな感じに。
やっぱりテフロン加工ものは寿命が短いナア、ということで買い替えに当たっては

・テフロン加工ではない
・取っ手の取り外しができる

この二つを条件にしました。

とかいいつつ取っ手なしじゃないけど、

ホーロー鍋のお洒落さにグッときたりしましたが、

最終的に、

燕三のステンレス鍋2点セットになりました。

18㎝と20㎝のセットです。

兼用の蓋が1枚しかついてなかったのですが、18㎝の方にはいままで使っていたガラスの蓋がぴったりだったので、

ということで戦闘力2倍!あと持ってる蒸しすもそのまま使えそうでよかったです。

無駄のない美しフォルム!あと重ねて収納できるのが良いですね。

これで鍋は計4個になりました

今回買った燕三の18㎝と20㎝鍋

一人用土鍋、

ムスイの無水鍋24㎝

正直一人暮らしでこんなに鍋が必要なのか、って感じなんですけど、うち湯沸かしポットも電子レンジもないしね。

今まで、土鍋で米炊いて、鍋で汁もの作ったあとにちょっとお湯を沸かしたい、って思っても残った無水鍋24㎝をわざわざ引っ張り出す気になれなくて結構不便だったので、今回はなかなか良い布陣になったかなと思います。

そもそも無水鍋を24㎝じゃなくて20㎝にしとけばよかったかな、って気もするけど。

まあ、無水鍋24㎝も、

大量の炊き込みご飯作るのには便利なんですが。(というかそれぐらいしか出番ない)