ベジミート(ソイミート)の調理方法は意外と簡単?はじめてソイミートを使ってみた

初めてヴィーガンレストランに行ってきました!

ベジミートまたはソイ(大豆)ミート、実は先週はじめて食べました。
ヴィーガンレストランで出てきたソイミートのタンドリーチキン、

r40_167

どんなもんかいねー、とちょっとばかし恐る恐る食べたのですが、これが意外と美味かった!

なんていうか、本物のお肉って臭みが鼻につくことがあるんだけど、当然ソイミートはそんな生臭さとは無縁だし、お肉を食べた後のお腹が重たくなる感じがなくて、むしろ際限なく食べられそう。

もともと鶏肉ならササミか胸肉が好きだという、どっちかというとパサパサ肉が好きだからかもね。

ちょっとソイミート、家でも料理できないかな?

…と思ってをググってみたら、

乾物の状態で売ってるんだ。
常備しておいたら便利そう。

とか思っちゃって、

r40_165

気づいたらこんなことに。

…お徳用パックを購入しがちな癖をどうにかしたい…。
(キッチンに置き場所が!ない!)

唐揚げ用だけ買おうと思ってたのにどうしてこうなった。

薄切りタイプの方が応用範囲広いかなーとか思っちゃったんだよね…。

と、いうわけで

大豆ミートの薄切り肉を料理してみた

唐揚げは時間があるときに挑戦するとして、まずは調理が簡単そうな薄切り肉タイプを使ってみました。

r40_168

このフレークを熱湯で3分湯掻きます。
3分茹でたらざるにあげて、しっかりと水で洗います。
するとこんな感じに。

r40_164

茹でた豚肉っぽい!
ぎゅっと絞って下味をつけます。
今回は手っ取り早く、焼肉のタレにしてみました。

r40_163

出来上がりは肉っぽい!!!

気になるお味…というか食感なんですけど、

なんかこれ知ってる気がする…

外食チェーン店で出てくる安っすい肉だ!!!

ソイミート

豆の成分からタンパク質を抽出し、繊維状にしたタンパク質をお肉のように見立てた食品。元々は安価な代替肉として流通していたが、近年では、ベジタリアン用食品として、また健康志向の高まりからヘルシーな食品として、脚光を浴びている。通常の肉と比較すると、ソイミートのカロリーは肉の2分の1~4分の1程度で、肉に含まれるコレステロールがなく低脂肪だが、たんぱく質の量は肉と変わらない。大豆食品なので、食物繊維やミネラルが豊富である。女性ホルモン「エストロゲン」と化学構造や働きが似ている大豆イソフラボンも含んでいる。(2014-12-12)

知恵蔵miniの解説

ということなので、ソイミートと気づいていないだけで結構今までも食べてたのかもしれません。

ちなみに焼肉のタレはあんまり合わなかったので要研究です。

ベジミート(ソイミート)の良いところ

・賞味期限が長い(今回のは2017年3月)
・冷蔵庫や冷凍庫に入れる必要がない

ちょっと「肉が食べたいな」と思った時に買い物に行ったり、解凍したりする手間なしで済むのは便利だなと思いました。

使いこなしたい!

スポンサーリンク