トイレブラシの存在が許せないので使わないことに決めた

トイレブラシ、というやつの存在がむかしっから許せなくてですね。
一人暮らしをはじめる前からトイレブラシは家に置かない、ということを固く心に決めていました。


お洒落でスタイリッシュなトイレブラシだって、いっぺんトイレの水に浸かったものが常時生活空間に存在するとか無理!

でもまあ普通にトイレ使ってれば汚れてきます。掃除はしないわけにはいかない。

汚れてきたな、と思ったらトイレクイックル的なもので掃除します。
便器の水に使っていない部分は素手です。
水が溜まっている部分もたまに黒ずんできたりするので、そのときは使い捨てのゴム手袋を着用して手をつっこんでこれもクイックル的なものでなんとかしてます。


トイレクイックル、もしくはその類似品。
専用のケースはお洒落じゃないし、意外と乾燥してしまうのでジップロック的なものに入れ替えて使ってます。

bath00

*関連記事*
掃除で使った後のゴム手袋の収納の悩みを解決

トイレ掃除するときのゴム手袋はこの薄手のディスポーザルタイプ。


流石にあの水が溜まっているところに素手を突っ込む勇気はまだない。

なるべく、水が溜まっている部分の掃除をしなくて済むようにしたいので、毎回じゃないけどトイレを使った後に重曹を投下。
汚れの頻度がマシになる気がします。


重曹はプラカップに入れて、アロマオイルを垂らしてトイレタンクの上に常備しています。
芳香剤の代わりにもなって一石二鳥!

soda03

これはキッチンに置いてあるやつだけど、コンビニとかでヨーグルトを買ったときにもらえる小さなプラスチックのスプーン、あれを重曹の入ったプラカップに刺しておくと便利です。

バナーから登録で30ptプレゼント
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス