コーン(とうもろこし)茶の利尿作用がすごい!

このミステリがすごい!

…みたいなタイトルにしてみました。

それはどうでもよくて。

わたし手元に水分がないと死んでしまうタイプの人間なので、家でも職場でも常に飲み物を手元に置いているのですが、最近、ハマっているのがコーン茶。
韓国料理屋とかで出てくるアレ、韓国旅行の定番土産の一つなアレです。

お土産とかで貰うのはこういうティーパックのやつが多いと思うんですよね。

軽いし。数多いし。
そんなこんなでティーパックのものはなんどか飲んだことがあったのですが、
今回はこちら、

豆タイプに初挑戦。

たまたま入った韓国料理屋さんで売ってたので物珍しくて買っちゃった。

付属の作り方には、

沸騰する直前に豆を入れて、10分ぐらい煮だして、火を止めて20分ほど置く

って書かれてたんだけど、めんどくせえってことでいつもの魔法瓶に豆入れて熱湯を注いで終わり。ちょっと待って飲む、以上!

…で問題なくイケました。

いつもの魔法瓶↓

で、ですね。この豆からいれたコーン茶なんですが、ティーパックのコーン茶より、

利尿作用がすごいの///////

もともとコーン茶は利尿作用があるらしいのですが、ティーパックで飲んでるときはあんまり気にしたことなかったのね。

でもこれは…トイレあんまり行けへん状況な時は飲んだらあかんやつやで。

他にもミネラルが豊富だったり、血糖値を下げる効用があったりするらしいので、この豆タイプのコーン茶はオススメかもしれないです。

わたしがあんまり風邪ひかない(インフルエンザの予防接種もしないけどかかったことない)のも、しょっちゅう水分取ってるからかもしれないですね。

インフルエンザのウイルスちゃんは唾液より強く胃酸より弱いらしいので、喉で繁殖する前にさっさと胃に流し込むと良いらしいよ\( ‘ω’)/