iPhoneのバッテリーは寒さに弱いってしってた!?冬の北海道旅行の注意点。

はじめて北海道に行ってきました。

しかも冬。

日ごろ雪が積もらないどころか降ることすら稀な地域に住んでいるため、冬の雪国のしかもスキー場とかでもなく普通の街中、というものが想像できず、意外と雪とか片付けられて普通の道なんじゃないの、などと思ったりもしてましたが、そんなことなかった。

hokkaido123100

すごいなー、こんな道でも車って普通に走れるんだね。

風がなかったこともあってか本土での「今年一番の冷え込み」の時と同じぐらいの装備で問題ありませんでした。
旅行モードでがんがん歩いてたせいかもしれませんが。

ちなみにどんな格好で行ったかというと、

アウター:

数年前に買ったユニクロのダウンロングコート。ウルトラライトダウンじゃなくてゴツイやつ。

トップス:

ヒートテック的なもの2枚重ね+ネルシャツ

ボトムス:

裏起毛タイツ+コーデュロイパンツ

です。

一番悩んだのは靴。

とりあえず手持ちで一番ゴツイ、SOREL(ソレル)のパックナイロン。防水的なものがこれしかなかった。

これに厚手の靴下で寒さ対策はバッチリ。ただし、凍結には弱い。滑る。

でも道民に言わせると

滑らない靴など無い

そうで。

一番いいのは、こういった滑り止めをつけることだそうです。

ちなみにスパイク付きのものは建物中や駅では外すのがマナー。
スパイクなしの滑り止めはそのままでもOKだそうですが、ツルツルに凍った道路ではスパイクありに軍配が上がります。

友達二人と私で三者三様で検証済み。

人が多い=雪が踏み固められて氷になるので、今回の旅行で、一番ヤバかったのは夜中のススキノの交差点です。ちょっとしたスケートリンク。

雪まつりの時とか確実にヤバそうですね。

と、いいつつなんどか滑りはしたものの最終的に1回も転んでないので「気を付けて歩く」というのが一番大事かも。

ちなみにソレルのパックナイロンはゴツすぎて、滑り止めはバンドが届かなかったので要注意。

そして事件は夜中に起こった

深夜1時ごろ、友人と宿泊先が別だったので途中で別れて一人で歩いていたのですが、iPhoneのナビを頼りに歩いていたところバッテリーがみるみる減ってあとホテルまで2ブロック、というところで電源が落ちてしまいました。

そういえば寒いとバッテリーの消費が早くなくなるとかどこかで聞いたような…と思いながら、モバイルバッテリーを持っていたので全然余裕…と思っていたのですが、ケーブルをつないでもiPhoneがうんともすんとも言わない。

数週間前にバッテリー交換したので、もしかしてその不具合かも??という恐れもあってプチパニック。

iPhone5のバッテリー交換(※非公式)してもらったらカメラが使用できなくなって焦った件

2015.11.27

ナビ頼りだったので地図なんて持ってないし、しかもちょっとわかりにくいところにあるホテルだし、ってことでたぶんこっちの方、という方向に向かって歩いてみたのですが夜中の1時だし、道を訊ねれそうな人もいないしと5分ほどでギブアップ。

最終的にはタクシーを拾って帰りました。

そう、タクシーが結構通ってるのでまだ余裕あったよね。
あれがまったく車も人通りもなかったら泣いてたかも。

ホテルに帰って改めにチェックするとモバイルバッテリーから問題なく充電されました。

後から調べたところによると、iPhoneは極度の寒さに弱いらしい。
ポケットにいれるなどしてればよかったみたいなんだけど、なんせナビで使ってたからねえ…。
次があったらカイロで温めるなどしたほうがよさげです。

冬の北海道、また行きたい

冬の北海道しか行ったことないけど、北海道行くならやっぱり冬だよね!って言ってしまうぐらいよかったです。
今回は札幌のみ1泊2日でしたが、今度は函館行きたいなあ。

hokkaido123102

北海道限定、六花亭のマルセイバターサンドアイス。

バナーから登録で30ptプレゼント
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス